2019.2.16

AfterEffects(2019)に更新したらプラグインが読み込まれない時の手順

    今回、Adobe AfterEffectsをアップデートしたら一部プラグイン(saberとか)が読み込まれなくなったのでその対処法を載せておきます。

     

    単純に過去Ver(今回は2018から)のプラグインフォルダからコピペするだけ

    Windowsの場合です。MACも似たような感じ

    ※AfterEffectsを閉じた状態で作業してください。

     

    1.過去Verのプラグインフォルダへアクセス

    意図的に変えてなければ下記のはず

    C:\Program Files\Adobe\Adobe After Effects CC 2018\Support Files\Plug-ins\Effects

    今回は2018→2019へのアップデートだったので、2018の中を見ます。

    2.新Verのプラグインフォルダも開いておく

    C:\Program Files\Adobe\Adobe After Effects CC 2019\Support Files\Plug-ins\Effects

    年が違うだけです。

     

    3.2018にあって、2019にないフォルダを、2018からコピペする

    例えば「saber」というプラグインが2019を開いてなかった場合は、「VideoCopilot」をコピーして2019のフォルダ内に貼り付けます。

     

    4.AfterEffectsを立ち上げてみる

    そうすると普通に使えるようになっているはず。

    一応ですが、Saberの場合は発行元の推奨VerがCC2015までになっているので不具合が起きても対処できません。

    不具合が起きて、でもどうしてもSaberを使いたい場合はCC2015へVerダウンしましょう。

     

    以上、これだけです。

    さて、スマブラやるか。。。!

    Yoshiki Kobayashi
    Yoshiki Kobayashi

    一応Mediassort代表取締役。
    ITのエンジニア・コンサルタント・動画クリエイターやデザイナーを兼業していた。
    色々あってMediassort代表やってみてます。
    東京から離れるために奮闘中。
    Twitter