2019.10.17

伊達に老舗やってねえな【浅草/与ろゐ屋】

    浅草雷門から仲見世をまっすぐ突っ切って、パーンと右に曲がったところに、初めてラーメンにシナチクを入れたと自称する老舗のラーメン屋があるのです。

     

     

    それがここ、与ろゐ屋。もう名前が老舗ポイント①ですね。旧字体を使っているからには老舗だろうなと思っていたのですが、そんなレベルじゃないくらい昔からあるそうです。

     

     

    パフォーマンスが過ぎる気もしますが、それだけ自負するなら自信を持ってうまいと言えるつけ麺を提供してくれるはずです。やはり人気店、その上観光地の仲見世商店街にあることもあり、平日昼間でもがっつり並んでいます。

    30分ほどまってようやく中に。食券制ではなく、最初にレジで会計した後でふだを持っていくというシステム。くう、老舗ポイント②です。

     

     

    ここで麺の到着を待っている時に隣の70際以上のおばあちゃん二人組が「なんて読むんだろうねぇ・・・」「よろ・・・る?」「やろるやじゃない?」とか話してました。いや、あなたたちはわかってください

     

    ざるらーめん ちゃーしゅう付 950円

     

    どどん!!

    ひょえ〜うまっそう!!いつも言ってますが、透き通ったスープに目がないのです。

     

     

    これ、もうめっちゃよくわからない草がいっぱい入ってます。

    三つ葉と芽ねぎと九条ネギでしょうか、全然わからん。爽やかな醤油の香りが鼻に抜けます。これ絶対特盛でもいけたなぁ・・・。

     

     

    麺は細麺。

    トッピングは自慢のシナチクにチャーシュー、刻み海苔、そしてこれまた与ろゐ屋自慢の双子卵です。これについては、どっから取り寄せているのかわかりません上、割って見ないとわかんなくないかという素人的意見を今でも持っています。だれか教えてください。

     

     

    そしてポイントはこのお茶漬けとかに入ってるやつですね。なんだっけ、あられでしたっけ。ここではエビが入ってまして、香りづけに入れるとめちゃうまいらしいです。ひょえー、楽しみだぜ。

     

    実食

     

    すげーうまい・・・。いや、めちゃくちゃうまい。

    爽やかなつけ麺は数多くありましたが、その中でもこのつけ麺はちょっと良すぎんよ。

     

    スープは昆布の味と酸味が舌の上でちょうどよく香りまして、なんとも上品な味わいです。つけ麺の方向性は全く違いますが、味のベースは満来やほりうちと似たものがあります。

     

     

    老舗系の麺って、コシに重きを置かない店が結構多くて、その上細麺だったんで正直麺については全く期待していなかったんですが、歯ごたえが素晴らしい。

    神田 勝本の細麺に似た、麺を楽しめるとても良い食感です。

     

     

    味玉は普通でした。可もなく不可もなく。

     

    いや〜、ここすごいわ。さすがつけ麺特化の台東区です。

    ごちそうさまでした!

     

    美味しいつけ麺まとめ

    行くぜつけ麺!

    咳戸
    咳戸

    大手広告代理店から独立し、不動産事業や投資等で
    莫大な資産を得る人生を日々夢見ながら家でゴロゴロしている。
    Twitter