2019.12.25

日暮里で人気の羽鳥のつけ麺、気になる味は【めん処 羽鳥/日暮里】

ウマつけ認定店
味の濃さ
あっさり
麺の種類
多加水麺縮れ麺
麺の太さ
中太-中細
スープ
醤油
出汁

みんな〜!メリークリスマス!

 

クリスマスだし、つけ麺の記事でもアップロードするか! そうなんです、クリスマスはつけ麺を食べる日なんです(大嘘)。ということで、独り身でやけくその方も、デートプランが決まってない方も、みんなでつけ麺食べに行きましょう!

 

今回向かったのは日暮里。ぶらり以来なので、約2ヶ月ぶりの日暮里です。食べに行った日はあいにく大雨でしたが、有り余るつけ麺パワーで雨水でも服が濡れませんでした(大嘘)。

 

 

日暮里のつけ麺では馬賊をはじめとして数店舗、マークしているところがありまして、その中で一番気分にあっているなと思ったのがこちらのらーめん羽鳥でおます。

ずぶ濡れの犬みたいな見窄らしい感じで入ると、店内から「いらっしゃいませ!」というとても爽やかな声が。男天使に声をかけられたんじゃないかと思いました。

 

入ってみると従業員は2人。一人は無骨なタイプで一切反応せず、もう一人、先ほど声をかけてくれたのは非常に爽やかな方でした。

お客さんは4人いて全て個人客、うち一人、えらいべっぴんさんがつけ麺食べてはるな〜と思いました。

 

早速つけ麺と味玉の食券を買ったところ、爽やかな店員さんがきまして、「ただいまランチタイムサービスで、麺大盛りか味玉サービスしますがどちらにいたしましょうか」と。味玉を買ってしまっている手前、普段は絶対に頼まないであろう大盛りサービスをお願いしてしまいました。正直テンパってた。自信がない。

 

 

卓上はこんな感じ。

ペッパーと一味、そして真ん中のこれはなんだ。パウダーって書いてあるから白胡椒でしょうか。

提供は無骨なタイプの方がしてくれました。店長なのか、なかなか威厳があります。

 

醤油つけ麺大盛り 850円 味玉110円

 

おお、このタイプですな!

 

 

麺は平打ち縮れ。平打ち縮れにはもう目がないんですわ。平打ち縮れの何がいいって、食感がよくなりつけ汁と絡ませやすくなると言う一石二鳥のてんですね。トッピングは水菜と味玉、そして海苔とメンマ。

 

 

スープは粘度がややありそうですがシャバ系。鶏出汁ですな。非常に優しい香りがします。これなら大盛りでもさっぱり食べれる気がするぞ。

 

実食

 

非常に美味しい。スープはどん兵衛を高級にした感じの味。この例えはどうかと思いますが、うまいもんはうまいしどん兵衛感があるっちゃあるんだからしょうがない。非常に優しく丁寧な味です。

 

 

カボスを麺に絞るかスープに絞るかで考えていたんですが、これくらい爽やかなスープだったら直接スープにいれりゃいいじゃんかと。いれてみると全然味が変わります。

 

 

ポイントとしては、チャーシューが非常にうまい。ほろっとちぎれてしまうほど柔らかく、箸で持つことが困難なほど。水菜がシャキシャキして、すっげーうまい。つけ麺食ってるのに健康食を食べてる気分です。いや、別につけ麺がジャンクだと行っている訳ではないですが。

 

 

食べ終わる頃に合わせてなのか、スープ割りをくれました。これも非常に爽やかで美味しいです。

爽やかで優しいとか言ってるけど、ちゃんとしっかり味があるため、薄いとかじゃないんです。

いやー非常に美味しかった。

 

スープ割りを嗜んでいると、前述したべっぴんさんがそのまま厨房の中に入って行きました。店員だったのかよ! こりゃとんだ看板娘だぜ!近かったら通ってたわ!

 

関連記事