2020.1.24

鯛出汁のつけ麺は店によって味が全然違う!株式会社INGSの場合は?【鳳仙花/新宿】

ウマつけ認定店
味の濃さ
あっさり
麺の種類
全粒粉多加水麺
麺の太さ
中太-中細平打ち
スープ
出汁

今回お邪魔したのは新宿駅から歌舞伎町の方へと向かい、西武新宿駅近くに佇むこちらの人気店です。

 

らぁ麺 鳳仙花

 

タイトルにもあるように、運営母体はあの株式会社INGS。俺の今一番好きな運営母体です。「一番好きな運営母体」ってなんかめっちゃパワーワードっぽいですね。

そう、株式会社INGSは店によって出汁が違うんです。はやし田は鴨と鶏、鈴蘭は鶏と煮干し、流川は牛骨と貝。麺は同じの使ってたりしますが。そしてここ、鳳仙花はであります。

 

 

店は比較的広く、カウンターですがしっかりスペースをとって座れます。良いですね。なんか、最近新宿に出店した一燈は、どうやら店の狭さで評価が下がってしまっているようです。やはり店構えも大事ですね。

鯛出汁は麺魚灯花などでいただきましたが、それぞれ味も攻め方も全然違いました。それぞれガッツリとあっさりでしたが、今回はどんなつけ麺なのかな。ドキドキ。

 

特製つけ麺1,050円

 

さすが、さすがだよINGS・・・。非常に綺麗な見た目、そして優しい鯛の香りがすごい良いです。

 

 

つけ汁は見ての通りあっさり塩ですが、鯛のいい香りがします。なんだろう、淡白な真鯛のガラからとった感じではなく、身の香り。普通に金目鯛を焼いて食べた時のあの鯛の肉の味の香りがします。う〜ん、上品だなぁ。

 

 

麺はINGS御用達の麺ですね。平打ち多加水全粒粉。乗ってる肉は低温調理の豚肩ロースでしょうか。非常に丁寧に薄く切られていまして、しっかり噛み切れるように一口サイズになっています。

 

 

そして塩で漬けた味付け卵に、麺とほぼ全く同じ色の穂先メンマが飾られています。シンプルだけど、めちゃくちゃうまそうだぜ。

 

実食

 

まず思ったのは、鯛出汁といっても店によって味が全然違うということです。

同じ鯛塩つけ麺を提供してくれた絶品のお店、灯花は世間で言うところのつけ麺とはかなり異なったつけ麺でしたが、鳳仙花はまだつけ麺のオーソドックスに片足が入っているような気がします。

あと、うわべだけの知識できましたが、これは間違い無いです。この味は明らかに金目鯛です。

 

 

小麦の香りが非常に強く出ています。はやし田と同じ菅野製麺所だと思いますので、おそらく清湯醤油系タイプCの麺を使用しているのではないかと思います。うん、その小麦の香りですら受け入れるスープの度量もまた素晴らしい。

しかしながら、鳳仙花の麺で灯花のつけ汁で食べたら絶対に小麦の味が主張しすぎて微妙だし、逆に灯花の麺で鳳仙花のつけ汁で食べたら麺が空気になってしまうというのは間違いありません。やっぱりそう考えると、つけ麺って非常に繊細なところありますよね。

 

 

卵の黄身が眩しいほどに鮮やかなのも、INGSの特徴。なんの卵を使っているのだろうか。

こちらでも、締めに鯛茶漬けを提供しているっぽいのですが、今回はこのあとでアポがあったので断念。次回は必ず食べてやるんだからな!

 

関連記事