2019.5.30

押上つけ麺界に新たなる刺客が!【一道麺屋/押上】

認定なし
味の濃さ
ドロドロトロトロ
麺の種類
全粒粉多加水麺縮れ麺
麺の太さ
太麺
スープ
醤油
出汁

2019年5月某日22時。

 

仕事中にめちゃくちゃ腹が減ったため、いつものように家を出てふらふらと夜の飯屋の美味しそうな匂いを嗅ぎ歩きしてると(もしかしてこの奇行、俺しかしないのかな・・・)、今まで肉まん屋だったところがなんかちょっと変な施設になっている。

(ふらふらしているので写真もブレています)

 

看板を見ると、「一道麺屋」。

え、まさか・・・? まさかまさか!? と、思ってなんか表に貼ってある小さな紙を見てみると、

 

 

間違いない! つけ麺屋!!

何もなかったところからなんとつけ麺屋が飛び出してきました!!

 

押上のラーメン/つけ麺界の新たなる刺客

実は押上付近のラーメン/つけ麺界は意外とアツいんです。

 

なんかすげー貝の味によって上品なスープに仕上がっていて、締めはトリュフご飯をブッコんで食べる咳戸イチオシの「竹末東京プレミアム」。

 

 

煮干し効きすぎてエグいくらい濃厚で至高な一杯を提供する、意識の高さと脳筋を両立させた「のじじR」。

 

つけ麺だと六厘舎は文句なしに美味いし、錦糸町と曳舟も徒歩圏内。

こんなところに新店舗が飛び込んでくるとは・・・!と、謎の感動を覚え、早速いただきに参る所存となりました。

 

つけ麺はよくある魚介豚骨。しかし・・・

いただきに参る所存とはなったものの、店がオシャレなことにガラス張りになっていたため、入り口がどこなのかわからずうろうろしていると、店員さんが気づき案内してくれました。

券売機はなく、颯爽と席に案内され、店前にもあったメニューを渡されたのですが、拙者すでに「チャーシュー麺」と決めていたためすぐに注文しました。

 

で、麺の量が250-500gまで自由に選べるシステム。

これはあんまり聞かない斬新な感じで僕はほほーうと思いましたが、ラーメン/つけ麺好き以外の方ってグラム数で麺の量の想像つくのかな。

ちょっと見栄を張って300gで注文しました。

 

新店舗なだけあり店内はとても清潔感がありカウンターもオシャレ。どこぞのバーにきてしまったかと錯覚してしまうほど。

そんで5分後くらいに提供された麺の中身を見て、一旦発狂しました。

 

 

チャーシューでかっ!!

えぇ・・・?

・・・チャーシューでかっ!!

 

これ一枚が100gくらいあるんじゃないか・・・? そんなんが3枚乗ってるの・・・?

もう、スープの匂いを堪能してる場合じゃない。これから食べられる麺に思いを馳せるとか、食前の嗜みとかそういうのはもう全部忘れて、恐る恐るチャーシューに手を伸ばして見る。

 

 

チャーシューでかっ!!! おっも・・・っ!!

 

いきなり二郎の大豚レベルのチャーシューにめちゃくちゃ驚きを隠せない。もう、スープの話題に移りたいのに全然移れないくらいの圧がチャーシューからほとばしってきます。

いやね、このチャーシューすごいうまそうなんです。めっちゃやわらかい。

にしても、だとしてもでかい

 

 

チャーシューに気圧されていてはダメだと、思い切って麺に手を伸ばし、つけ汁につけるまではいいんですが、もう隣のチャーシューが気になっちゃってそれどころじゃない。

いや、というかチャーシューでかっ!!!

チャーシューでかいよこれ、もうなんだよ!!

 

ひとしきり麺を味わった後、チャーシューに手を伸ばし、口に入れる。

おっも・・・

 

いや、チャーシューでかっ!!!

チャーシュー麺を頼んだ自分を殴りたくなるレベルでチャーシューがでかい。麺量見栄はって300gにした自分を思わず恨みます。250にしとけ!お前は池尻大橋で何を学んだんだと。

茹で前300gだから、だいたい500gか。500gの麺と300gのチャーシューがずんずんと胃をえぐっていきます。

 

しかし味は美味しい。オーソドックスな豚骨魚介ですが、これです。どどん!

 

 

S&Bの「ゆず」が無料トッピングであったので、後半はこれを投入。爽やかな優しい味にと変化しました。

ということで、ゆずの香りでなんとか完食を果たしました。

 

にしても、チャーシューでかいな〜!

もはやこれはチャーシュー麺じゃなくて、チャーシューとつけ麺です。

 

チャーシューの暴力

個人的になかなか刺激的なつけ麺でした。麻婆麺というつけ麺もあるとのこと。次回はそっちを頼んで見たいところです。

いや〜、思っていたより手強い刺客でした。後から調べてみると食べログでの評価も上々な感じ。今後の押上ラーメンつけ麺界にどんな旋風を巻き起こすのだろうか!

がっつり食べたい、という人は絶対満足できると思います。