2020.1.18

二色つけめん-二色の意味に迫る-【神保町 可以/神保町】

認定なし
味の濃さ
ドロドロトロトロ
麺の種類
ストレート麺
麺の太さ
中太-中細
スープ
醤油味噌
出汁

東京は神保町。僕の大好きな街です。

 

有名な古書センタービル(入ったことはない)や集英社(入ったことはない)があるだけでなく、ビアホール有名うどん屋さん、そしてマグロ愛を感じるマグロ店、あらゆるウィスキーを取り扱ったオシャンなバーやカフェ、しかも24時間やってるカフェもあり、もう歩くだけでウキウキする街です。

東京では1、2位を争うくらい好きな街なのです。

 

そんな神保町に、なんと「二色つけめん」なるつけ麺を提供する店があるということ。同じく神保町の神田 勝本は2種類の麺を提供して僕のハートキャッチ(プリキュア)でした。こっちの2色は果たして何を表すのでしょうか。早速気になったので向かうことにしました。

 

神保町 可以(かい)

 

おしゃれな店構えに、おしゃれな名前。なんか漢文っぽい感じの名前です。佇まいはいかにも神保町らしい、知る人ぞ知る店感が出ていてとてもいい感じ。

ここ、神保町可以は、なんと365日無休での営業。しかも昼夜と通し営業でして、まさにつけ麺難民のオアシスの模様。15時近くにお邪魔したのですが、ほぼ席が埋まっている感じ。なかなかの賑わいです。

 

 

卓上もおしゃれ。卓上調味料は一味と黒胡椒でしょうか。そしてスタッフ募集とのことです。見たところ店員さんは2名。この少数でしかもスタッフを募集しているにも関わらず年中無休。ガッツを感じます。

 

チャーシュー味玉二色つけめん 1,240円

 

二色とは、つけ汁が2種類ということでした。はえ〜、新しい!ちなみに今回頼んだのは醤油と辛味噌。9種類ほどのつけ汁から好きなのを2種類チョイスできるというしゃぶしゃぶでよく見かける系システム。

他にもトマトや塩、黒胡麻など、いろんな種類のつけ汁があったため、このつけ麺をしっかり評価するにはまだまだあと4回くらい通わないと難しいですな。

 

 

麺は中太。チャーシューのピンク具合がいい感じに食欲を誘います。珍しい色。キャベツともやしがトッピングされているのも珍しくていいですね。チャッチャ系のラーメンを彷彿とさせるトッピング、たまりません。めんまと味玉は色がたまらぬ。

 

 

こちらが一色目のつけ汁、醤油であります。鶏の香りがすごい良いです。でも魚介もガッツリ入ってまして、そのおかげか粘度はあまり気にならない、サラッとしたドロさみたいなものがあります(つたわれ)。

 

 

そしてこちらが二色目、辛味噌。こっちは思ったよりスパイシーな香りです。麻婆というよりは南蛮というイメージが強い。これ、でも面白いな〜。どんな食べ方すりゃいいんだろう。探り探りではありますが、食べていきたいと思います。

 

実食

最初は醤油から。

予想通り、粘度濃度の高めな濃厚スープですが、優しい奥ゆかしい味です。しかしながら塩気は強いため、ガツンとくるものはあります。

さらにもやしの茹で加減が絶妙すぎる。これは醤油似合うな、めちゃくちゃうまいっすわ。

 

そして辛味噌の方は、うん、こちらもなかなか。分厚い味噌感がガツンときまして、後から確かな辛味がビリリッとくる感じ。やっぱりどっちかっというと南蛮系な感じするな。スパイシー。

 

 

一番良かったのはチャーシュー。食感がとても良いんだな。カリッとしているというか、コリっとしているというか。珍しいタイプの調理方法のはず。これは今まで食べたことないな〜。

 

 

スープ割りは醤油ベースのつけ汁だけお願いいたしました。煮干し出汁です。一気にとりにぼ系の味になって、さっぱり美味しくいただけました。

いや〜、2種類の麺の勝本、そして2種類のつけ汁の可以。神保町、また好きになりました。

 

その他神保町グルメはこちら

関連記事