2020.1.12

新宿南口でみんなが気になってるこの店の味とは【光麺/新宿】

認定なし
味の濃さ
ドロドロトロトロ
麺の種類
低加水麺
麺の太さ
中太-中細
スープ
醤油
出汁

随分と前になるのですが、僕のつけ麺巡りのスタートを切ったのがこのお店。

ここで食べていた仕事仲間に「つけ麺って何がいいのかわからんわ」と言われたため、つけ麺好きとして使命感がふつふつと湧き上がったのを覚えています。

 

こちら「光麺」は新宿南口を出て三丁目方向にまっすぐ向かった先にある店です。2階建てのため、客席もたくさんあるため飲み会締めにはぴったりのお店です。

かつて池袋で一世を風靡した光麺、現在は池袋のほかに原宿、馬場、恵比寿、そしてここ新宿と合計で5店舗存在しています。

 

なんだかんだ外見が綺麗で入りやすいって、ありがたいですね。

多分店的に押しているのはつけ麺ではなくラーメンなのですが、つけ麺も非常に人気なんです。

 

つけ麺 880円

 

豚魚です。またおま系ではありますが、うまいんだからしゃーない。

しかしながら他店に比べるとまろやか、角張ってなく出汁の効いたコク深い味です。味も安定しています。

 

 

驚きなのはこのトッピング量で「特製」ではないというところ。デフォルトでこの量の具材がついてくるって、なかなかないですよね。チャーシューに角煮と肉が2種類、メンマに卵、大判のりまでついてくるんだからありがたい。

いわゆる特製の「全部のせ」はそれぞれをグッと増やす上、ほうれん草やネギ、揚げニンニクなどさらにトッピングが増えて豪華になる模様です。

 

おなかいっぱい食べたい!という方や、豚魚大好き!という人にはお勧めできる、非常に行きやすいお店です。

学生時代に行っていればよかった・・・。

 

関連記事