2019.11.29

またもや秋葉原の麺屋武蔵に【麺屋武蔵 武仁/秋葉原】

ウマつけ認定店
味の濃さ
ドロドロ
麺の種類
多加水麺
麺の太さ
中太-中細
スープ
醤油
出汁

今回はやたらwebサイトの意識が高い系つけ麺店の麺屋武蔵。

秋葉原に麺屋武蔵は2店舗あるって知ってますか? 以前行った麺屋武蔵 巖虎から見て反対側、紬麦方面にあるのがこちらの麺屋武蔵 武仁でございます。

 

 

秋葉原に来るのは久しぶりです。本当は別のお店に寄る予定だったのですがあいにく営業時間外。こういうことだらけです。いいんです、人生うまくいかない時をたのしまなきゃあかん。

あれ、ちょっと並んでるかなと思ったんですが、券売機の前で待っているだけでして、中はそこそこ空いていました。

 

 

あんまり関係ないのですが麺屋武蔵は本店が創業してもう20年以上経つみたい。思った以上に長いんだな〜。ちなみにここ武仁がオープンしたのは10年前。長く秋葉原に根を張っているのは、さすがと言わざるを得ません。

麺屋武蔵は普通に企業としてとても戦略的で良いですね。ブランディングに力を入れている。

 

真剣濃厚武仁つけ麺 1,250円

 

ご覧ください。麺の上の物体を。

その前にまずはスープからみてみましょう。

 

 

武蔵ならではの濃厚スープ。豚骨魚介の非常に良い匂いがします。

彩を意識して赤を入れているのが細部へのこだわりを感じます。

 

 

問題はこっち。

 

 

強い(確信)。

なんの飾り付けもなく目算100gほどのチャーシューが無骨に乗っています。

ここは無骨か、いえ、武仁です(武蔵ギャグ)。

 

実食

 

武蔵はガツンときます。そう、一口目が一番美味しい系つけ麺です。濃度・粘度がかなり高いスープ。このつけ汁に負けないようにコシの強く太い麺。美味しいです。

 

 

そしてLv1の胃である僕にとって嬉しい誤算だったのは、チャーシューがうまくて全然箸が進んだ点です。ドロ系のつけ麺は麺量も多くチャーシューも分厚く、後半結構食べるのに苦労することが多いのです。

ここのチャーシュー、めちゃくちゃうまいぞ。味がしっかり中まで付いていて、肉肉しさをそんなに感じることなく食べられます。

 

まあ、ペロリといったら嘘です。確かに後半はしんどかったけど、普通に無理せず食べきれました。

 

ごちそうさまでした!

 

個人的な秋葉原の名店

雑居ビルの地下に眠るうどんみたいなラーメン屋とかいう紬麦【らーめん紬麦/秋葉原】