2019.12.20

船堀の人気店のつけ麺がなかなかうまいぞ【麺や多久味/船堀】

ウマつけ認定店
味の濃さ
トロトロ
麺の種類
多加水麺縮れ麺
麺の太さ
平打ち
スープ
醤油
出汁

江戸川区のつけ麺は今回が初めてです。

 

東京の東側って、なかなか仕事の関係とかでは来れないんですよね。今回はたまたまスーパー銭湯に行った帰り、つけ麺ハントをすることができました。

 

麺や多久味

 

今回は船堀駅から徒歩5分ほどにあるこちらのお店にお邪魔しました。船堀駅付近を散策していたんですが、なかなか美味しそうなつけ麺屋を見つけることができず、ラーメンデータベースを元にたどり着いたのがこちら。

大通り沿いにあるお店でして、船堀駅から行くとなかなか大きな交差点を通らなくてはいけないため、距離よりも少しだけ遠く感じました。

 

 

店内に券売機はなく、席にあるお品書きを見て注文するシステム。

 

 

おおー。にんにく、自分でとって自分で潰すやつだ。テンションめちゃくちゃ上がりました。

このタイプ、何年ぶりに出会ったんだろうか。地元相模原の行きつけの店がこのタイプだったなー!

 

そんな感じで故郷に哀愁を感じていたところでドン!

 

つけ麺 800円 のせもの 290円

 

透き通った煮干し系スープと刻みたまねぎが見えたところで確定コンボ入りました。勝ち確です。

 

 

麺は中太、綺麗な色をしています。黄色が強い。一緒に頼んだ「のせもの」は、一般的に言われる「特製トッピング」でしょうか。

味玉、のり、チャーシューの三種の神器が輝きます。

 

 

そしてこちらの輝くスープからは煮干しの匂いが心地よいです。ちょっと粘度がたるよはもみじのコラーゲンでしょうか。

そして見て気付いたのは、粗微塵かとおもっていた玉ねぎは、思った以上に大きく、1cm2くらい。その上若干火が通っている模様です。この合わせ方は珍しい、一体どんな感じなんだろう。

 

実食

 

文句なしの美味さ。

マイルドさのない酸味と塩気の尖った味の濃いスープが麺に馴染み、ちょっと浸けただけでも一気に味が乗ります。

 

玉ねぎはやはり火が通っていたため、アクセントとしては弱くなりましたが、火を通した結果やや甘めになっており、逆にスープの尖りを抑えているような気もします。なるほど、これがバランスか。

 

思わず腰の痛みも忘れて箸が進みます。

 

 

チャーシューも、やっぱりこれくらいのサイズがいいわ…。

 

船堀駅、なかなか滅多に行かない土地で美味しいつけ麺屋に出会えたのは嬉しいです。

 

関連記事