2019.5.18

「人生で一番うまかったつけ麺」と紹介されたつけ麺屋にいってみる【和利道/池尻大橋】

ウマつけ認定店
味の濃さ
ドロドロ
麺の種類
多加水麺ストレート麺
麺の太さ
中太-中細
スープ
醤油
出汁

毎度おなじみ、「行くぜつけ麺!」シリーズです!

今回は渋谷区池尻大橋にあるつけ麺屋「和利道」です。「和利道」と書いて、「わりと」と読む。もうこの時点で洒落っ気がすごいですよね。「道」を「と」と読む。キラキラネームには懐疑的だけど、店名のキラキラネームは許しちゃうのが真の男ってもんです。

 

この店に来ようと思った理由はタイトルの通り、「一番うまかった」と紹介されたからなのです。ちなみに紹介してくれたのはMediassort小林。まあ正直、「そんなハードルあげて大丈夫?」と思いました。

何しろつけ麺修行をはじめて早半年。多くのつけ麺を体験してきていわばつけ麺が自分の生活の一部、いや肉体の一部になってしまった自分と、つけ麺をただの料理の一種としか思っていない小林の間の距離はかなり開いてしまっています。果たして、そのギャップをこの店が超えてこれるのか、若干の心配があったのです。

 

池尻大橋

 

渋谷から1駅。徒歩だと25分くらい。ちょっと微妙な距離にある池尻大橋。ご存知渋谷には大量のラーメン屋・つけ麺屋があるため地元民か食通でなければあんまり来ないスポットだと思います。

期待と希望を胸に、気合いを入れて半袖短パンで向かいました。

 

 

こういう道、好きですね〜。

なかなか良い高低差の道を行くこと8分ほど。

 

 

着陸しました。「つけめん」と大きく書かれた看板に期待を膨らませ、いざ入店。

14時と、昼時をかなりすぎた時間でしたが、待ちが5人となかなかの人気っぷり。

 

綺麗な内観と接客のおばちゃんの物腰柔らかな対応に心を奪われ、思わずLINEを聞こうとおもった瞬間に席に案内されました。あらかじめ注文内容の確認を済ませ、麺を茹で始めていたため、着席後すぐに着麺。

 

実食

和利道あつもり 1,100円

 

うひょ〜〜〜〜!

 

うまそうな香りと見た目に思わずテンション爆上げです。頭の中でお坊さんが小躍りしました。思わず「お前、煩悩だらけじゃねえか」と心の中でツッコむ。

麺は大盛りまで無料なところをおしゃれに中盛り。あつもりにしたためか、釜揚げ風での提供です。釜揚げ風は、錦糸町の「双麺」以来です。

 

 

麺は中太。魚介つけめんのオーソドックスですな。

 

 

ネギ・味玉・めんま・チャーシュー2枚が別盛りで提供されております。もうこれだけつまみにして酒飲みたいレベル。

テンション上がってスープを箸で弄っていると、おお!?

 

 

チャーシューが隠れていた!!!分厚っ!!

別盛りされてるチャーチューとは別に、この個体が2つもスープの中に埋まってます!うおーーーー!!たまんねぇ!!

 

で、実際!

 

 

まあうまい。全然わかんないけど、めっちゃうまい!

たしかに、「人生で一番美味しいつけ麺」と豪語するだけのことはありました。

 

 

1/3ほど食べたら、具を全部ブッ込んで一味唐辛子とフライドオニオンをドカンと投入!

これはもうつけ麺だけの嗜みです。もうね、全てが予定調和。もはやこれはもうガンダムです。

 

最後に

で、2/3ほど食べた時にふと、本当にふと、心の片隅に一筋の思いが湧きました。

 

麺多いわ・・・

 

2/3の量でよかった。2/3がよかった。

10分前に坊主と小躍りしながらおしゃれに中盛りとかほざいてた自分を殺してやりたい。とりあえず正面からヤクザキックかまして、吹っ飛んだところを背後に回り込んでまた蹴りで今度は上空に飛ばして、そこから瞬間移動でさらにその上空に移動してからダブルスレッジハンマーで地面に勢いよく叩きつけ、そこから噴煙が出るまでエネルギー弾を当て続けたい。息が切れるまで当て続けたい。

 

その思いが出てくるまでは、マジでうまいうまいと食べてたんですが、一度満腹中枢が作動するともう一気に残りが自分とのファイトになるのです。別にフードファイターでもないのに、自分が心地よい量でストップできないこの辛さ。

めっちゃうまい料理をめっちゃうまい状態で堪能できない自分が歯がゆくて、悲しい気持ちになってしまいました。

 

その苦渋を舐めましたが、味はめっちゃ素晴らしい。接客も最高。

さらにここ和利道では、昼と夜でスープの出汁が変わるらしいんですよね。これは絶対行かなくては。

そのときは、普通盛りで!

 

あと全然どうでもいい話ですが、短パンは嘘です。