2020.1.7

謹賀新年、より新しいクリエイティブを目指して

    あけましておめでとうございます。

    代表、小林です。

    昨年お世話になりましたお取引先の皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました。

    本年はMediassort役員一同、飛躍の年となれるよう業務に邁進してまいります。

    さて、年末年始、お正月といえば人によって様々な過ごし方があるかと思います。

    実家に帰省してゆっくりする人、旅行に出かけ初めての地で初日の出を拝む人、友人と集まりワイワイと騒ぐ人、実家に帰るわけでもないのに惰眠をむさぼる人。

    私はもれなく「実家に帰るわけでもないのに惰眠をむさぼる人」でした。

    正しくは、ゲームばかりやる人、でしょうか。

    ゲームといってもただ遊んでいたわけではありません。

    私自身、まだまだクリエイティブというものに関しては知見が浅いと感じており、特に絵的なもの、表現の分野はあまり得意な分野ではなく
    そこを少しでも補おうと、UI部門で目覚ましい成績を上げたゲームである「ペルソナ5」をひたすらプレイしておりました。

    画面デザイン、細部まで作りこまれた演出、絶妙に色を使い分けることにより、見やすさと世界観の構築の両立させている素晴らしいゲームです。
    まだ詳しく調べていませんが、このゲームのUI/UX担当のチームは、斬新な発想と論理的思考力の両方を兼ね備えたうえでさらにセンスがある、と感じました。

    ・・・というように、ただ遊んでいたわけではなくちゃんと感性を磨いていた次第でございます。

    2020年最初の言い訳でした。

    kame2020

    さて、Mediassortとしましてはこれまで以上に「今の時代におけるクリエイターとは」というところを深く考えながら、変わらず技術とセンスを磨き、お取引先様のクリエイティブを制作していければと思っております。

    また、2020年はMediassortの内部コンテンツの開発と、それに伴い組織拡大化も進めていく予定です。

    個人的には目標も3つ立ててありますので、2020年の12月にはすべて達成してまた惰眠とゲームを貪る新年を迎えられるよう、頑張っていきます。

    本年もMediassortを、何卒よろしくお願い致します!