2020.2.19

期間限定の”お肉大盛”牛とじ定食をレビュー!【松屋】

    久しぶりの松屋レビューです。

    実は先月、以前書いた松屋のおろしポン酢牛めしにすだちドレッシングをかけて食べるというアレンジメニューの紹介記事をなんと松屋の公式アカウントが取り上げてくれるという光栄すぎる事件が起こりました。

     

     

    ブログカテゴリに吉野家・すき家はないのに松屋だけ存在するというくらい普段から松屋贔屓しまくっている俺ですが、たまに普通にディスってもいるため松屋のtwitterの中の人がみていると思うと普通に萎縮していました。しかしながら、忖度するのもよくないと思いこれからもがっつり賛否含めてレビューして行きます!よろしくな、松屋!

     

    “お肉大盛”牛とじ定食

     

    こちらは2月11日から期間限定での販売で、690円です。俺が言ったお店ではなんとまだプルコギ定食とシュクメルリ定食も残っているため、期間限定シリーズ3つ巴の戦いとなっています。更に言えばすだちドレッシングもまだ健在でした。

     

    去年も結構食べた商品

    去年は定食があったのかどうか記憶が定かではありませんが、牛とじ丼は期間限定で販売されていまして、普通に美味しくて毎日食べてた記憶があります。そこで、去年と比較してのレビューとなっています。

     

     

    味は去年に比べてやや濃い印象

    これに関しては厨房でどのような調理をしているのか、店員さんによってばらつきがあるのかわかりませんが、去年に比べてやや味が濃い印象があります。マジで個人的な見解です。普通に考えれば牛丼として仕込まれている肉を卵でとじただけだと思うので、味に変化はない気もするのですが。

    でもやっぱり卵でとじるだけでこれだけ印象が変わるかっていうくらい舌触りがマイルドで美味しい。そしてご飯がススム。

     

     

    付属でいただく黒胡椒焙煎七味ゾーンと紅生姜ゾーンを作って交互に食べていくのがオススメ。普通の牛丼を食べるときは逆に黒胡椒焙煎七味ではなくただの七味の方がジャンク感があって好きなのですが、卵で閉じた途端に黒胡椒焙煎七味の山椒、あおさの味がすごい引き立つんですよね。

    そして紅生姜は卵とじとの相性が抜群なのは周知の事実。牛丼との相性はなおさらいいのですから、こちらも不味いなんてことは絶対にない。これも個人の感想ですが、紅生姜と七味・山椒は味がバッティングしますので、合わせない方が絶対に良いです。

     

    牛とじ定食、ぎゅうとじ丼ともに期間限定なので、気になる方はこのシーズンに是非!

    なぜか知りませんが、急に真面目なレビューを始めたことに関しては目をつぶってください。お願いします。

    咳戸
    咳戸

    大手広告代理店から独立し、不動産事業や投資等で
    莫大な資産を得る人生を日々夢見ながら家でゴロゴロしている。
    TWITTER

    関連記事