2020.3.20

改札無しで乗れちゃう電車が都内にあるの知ってた?【東武大師線】

    みなさん、ご存知でしょうか・・・?

    なんと、都内に改札がなく、入り口では電子マネーも切符も必要なく、さらに駅のホームまで行ける上、電車にも乗れてしまう駅があるんです。

    その駅の名は大師前駅。東京都足立区にある、東武線のひとつ。

     

     

    こちらがその外観。駅前は片田舎の無人駅とは異なり立派なロータリーがちゃんとありバスも停まっています。ホームはかなりしっかりとした駅舎となっています。こんなしっかりとした駅舎の改札が無いなんて、にわかには信じがたい話ですが。

     

     

    このように!

     

     

    マジで改札がないのです。しかしながら改札跡っぽいものは確かにあります。これは見た感じで想像するに、もともとあったけどコスト的なあれで無人になったのかもしれません。全然わかりません。完全な憶測です。

     

     

    改札がないため、改札っぽいものを通った後でホームに向かう階段の踊り場的な場所になんとクリニックがあります。大きい駅なら改札内に軽食店やコンビニがあるのはまだわかりますが、驚くべきことにクリニック。ここは別に切符もICカードも必要なく、だれでも入ってこれちゃうから、別に電車利用者じゃなくても良いんじゃね的な逆転の発想です。これは相当レアな感じがします!なんのマニアか分かりませんが、マニアには絶賛される気がする!

     

     

    そしてこちらがホーム。電車が出発しそうで急いで撮ったためブレちゃってますが、この2両車のために作られたにしてはかなりしっかりとしたホーム。すごい。

     

    タダで乗っていいの?

    誰でも簡単にホームに行けちゃうんだから、ただで乗っても良いの?って思う方もいるかと思いますが、そんなことありません。

     

     

    この電車が向かうのは、1駅先にある、東武スカイツリー線の西新井駅です。ここで初めて、改札があるのです。降車時に、切符を買うかICカードをタッチすることで、ここで初めて乗車賃が発生するのです。めちゃくちゃ面白い仕組みだぜ!

     

     

    以前書いたワンマンローカル1駅2車両路線の千代田線支線、北綾瀬駅も足立区。ひょっとするとこの独特の世界観が、沢山のヤンキーを産むのかもしれません。

     

    咳戸
    咳戸

    大手広告代理店から独立し、不動産事業や投資等で
    莫大な資産を得る人生を日々夢見ながら家でゴロゴロしている。
    TWITTER

    関連記事