2019.12.11

まるでとろろのように粘度の強い白湯つけ麺【倖佳/立石】

ウマつけ認定店
味の濃さ
トロトロ
麺の種類
多加水麺
麺の太さ
中太-中細平打ち
スープ
醤油
出汁

京成立石駅。

 

レトロで風情のある商店街がかわいらしいこの駅に降り立った理由はもちろん、つけ麺です。商店街を北へ抜けてさらに路地の方に入っていくと、ございました。

 

倖佳

 

かなり奥まった住宅地なのですが、さすがは人気店。外待ち客が5名ほどいらっしゃいました。外で待っている間、店員さんがメニューを持って来てくれたのですが、これがかなりしっかりしたメニューです。ペラ一ではなく、冊子タイプの。

 

 

つけ麺だけでもこれだけのバリエーション。なかなか素晴らしいですな。つけ麺のスープに関しては、鶏でしか出汁を取っていないとかかれてありました。純粋な鶏白湯は、たしかぶらり以来じゃなかったかなぁ・・・。非常に楽しみです。

そしてなんと「TあまごKあけGおはん」もあるとのこと!! これは頼むしかない!鶏出汁つけ麺と卵かけご飯の親子スペシャルで攻めることが決定です。

 

 

何やら店主の真面目さと熱意、そして日本を守っていこうという意志を感じます。意志を持った人が作るつけ麺はうまいので、今回も間違いなくうまいでしょう。

 

メニューを熟読していたらあっというまに時が経ち、15分ほどで中へ入れました。

 

 

卓上はこんな感じ。温かみのある木材を中心とした感じです。ファミリーでも食べれるよう、テーブル席が奥にありました。

そして待つこと10分ほど。

 

濃厚鶏白湯つけめん 780円 に TKG 200円

 

うわあ、つけ汁が濃厚な宝石箱やぁ・・・!

 

 

こちらが濃厚な宝石箱のつけ汁。一見、なんだただの白湯じゃんと思うかもしれませんが、よく見てみると層になってるんです。表面に鶏油が膜を張ってるのですが、その奥の白湯部分の動きが普通のスープとは全く違います。てぅるんてぅるんです。これはかなりの粘度とみた。

 

 

そしてこの豪快なシナチクである。ぶっといですな。チャーシューもしっかり作られた硬派な感じ。これは絶対美味しいやつ。

 

実食

 

予想以上の粘度です

まるでとろろかと思うレベルの粘度で、舌や唇にもうべっちょりスープがついてしまいました。これは想定してなかった。味は優しくてめちゃくちゃ美味しい。麺にしっかりスープが絡むので、つけ汁は優し目なのに塩気をしっかり感じることができます。にしても、鶏感がすごいな・・・。

間に卵かけご飯をいただくとなお美味し。口の中の鶏をさっぱりと持っていってくれるので、つけ麺がまた新鮮に美味しく感じることができます。

 

にしても、いいお店です。

お客さんも、お店側も、つけ麺も、全体的に優しいです。無言の優しさがある。

 

ここの店主は田中商店出身なんだとか。田中商店の冷やしラーメン、めちゃくちゃ美味しいですよね。ここ倖佳でも、夏場は冷やしラーメンがあるそうです。食べてみたい・・・!やがてくる、つけ麺修行の終わりが見えた頃に・・・。

関連記事